トップ > Books/書籍 > ことばが劈かれるとき

ことばが劈かれるとき

竹内敏晴
筑摩書房/680円+税

幼い時に耳を患い、十二歳から十六歳の間は耳が全く聞こえず、喋ることもできずに外界とのコミュニケーションを断たれていた著者は、必死にことばを回復する過程でことばと身体のつながりを深く追求することとなる。私達が普段発していることばは、他人に対して本当に届いているのか?世界に対して開いているのだろうか?一度、感覚的に自分の発した言葉をモノとして感じてみるとよくわかる。ボールを相手の胸に投げるように、言葉を発しているか、それともどこか遠くの方に投げているか、自分の目の前に落っことしてはないか。コミュニケーションの原点がたぶんここにあるのだろう。世界を拒否している人の体はこわばっている。声も通らない。体がひらき、心も開いている時、始めてまっすぐな言葉が投げられるのかもしれない。身体、健康についてはこの著者以外にも、地道な研究を行った本が数多くあり、それぞれ価値があり、すばらしい。それは知識による研究ではなく、本当に身を持って学んだことから出てくることばだけが持っている輝きなのだろう。

ISBN:9784480021786
金額:
¥748 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.