トップ > Books/書籍 > Spirit スピリチュアル > 魔術

魔術

理論と実践
アレイスター・クロウリー
(株)国書刊行会/5700円+税

魔法が使えたらどんなにいいだろう、というのは誰でもが一度は持つ夢である。映画や小説でも、ある日突然魔法が使えるようになる話とか、魔術的な要素がからんだホラーなど、モチーフとしてよく使われるところを見ると、魔術とは、人間の願望や潜在意識の中に埋め込まれた何かの表現方法なのかもしれない。世界を自分の思い通りに動かすというイメージが強いが、実際には無から何かを生み出すのではなく、今ある関係性を変えることで、物事のバランスを変えてみせるのが魔術なのではないかという気がする。白魔術と黒魔術の戦いなどもおもしろいところである。自らを666の獣と称し、稀代の悪党との評判が高かったアレイスター・クロウリー。文豪サマセット・モームがクロウリーをモデルに「魔術師」という小説を書くほど世間を騒がせていたが、その言動がどんなに破天荒であったとしても、クロウリーの目指すところは、人間が幸福になることであったことが本書に記されている。魔術の実践はどんな人にも開かれた道であり、その実践により人がより力を得て幸福になる、それがクロウリーの目指す道だった。

単行本
判型:A5判
タテ210mm × ヨコ144mm
575頁
1997年11月1日
ISBN:9784336040435
金額:
¥6,270 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.