トップ > Books/書籍 > 武産合気

武産合気

植芝盛平 口述
白光真宏会出版本部/1650円+税

宇宙と一体化することにより、どんなに力の強い相手に向かっても強さを発揮することのできるという合気道。武道でありながら、究極の目的は宇宙との合一のための修練であるその合気道の真髄は、創始者である植芝盛平の生前はなかなか理解されず、死後に弟子たちがやさしく解釈をして一般的となった。植芝盛平は一時期、大本教の出口王仁三郎のボディガードをしていたとも言われている。合気道という希有な武道が持つ精神性も、彼が神道を学ぶことにより獲得した世界であるのかもしれない。体系化され、スポーツの一種となった現在の合気道からは、なかなかその特殊な世界をうかがい知ることはできないが、創始者自身が映っているビデオなら今でも入手することが可能だ。空気投げや何十人の人と戦う姿を見ることができて、とても興味深い。武道に限らず、『クォンタム・ゴルフ』など、スポーツの世界にもユニークな視点で世界観を描いた良書がいくつかある。ある極限の状態を作り出すために、何か共通したものを持っているのかもしれない。

単行本
判型:B6
タテ180mm × ヨコ130mm
216頁
1986年11月1日
ISBN:9784892140808
金額:
¥1,782 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.