トップ > Books/書籍 > 死ぬ瞬間

死ぬ瞬間

E・キューブラー=ロス
中央公論新社/1048円+税

死は恐るべきもの、不幸なことと考えられがちな文化では、死に対する心構えや理解も生じにくい。特に現代社会では、日頃、死に接する機会が少なくなり、どうしても、「普段は考えないようにしているもの」になってしまっている。しかし、インドでは「メメントモリ(死を想え)」と言うように、死は、生を豊かにしてゆくための非常に有効な要素にも成りうるのだ。カスタネダに対するドンファンの言葉の中でも、「力を得るためには、死を最高の友達にしろ。」と言っている。本書では、死期が近い末期患者に接することによって、患者達の死の受容の段階と、いかに接するべきかを研究した先駆者である著者の代表作である。後に、「クオリティ・オブ・デス」という発想を中心にした、新しい流れの原点を生み出した本とも言える。一般的に、死への理解が深まる研究へとつながる大きな足掛かりとなった。欧米では、エイズやガンの問題を真っ向からとらえて、早くからホスピスなどの施設も次々に生まれてきている。日本でも徐々にそのような動きが生まれてきているが、まだまだ社会の中でオープンに語られるところまでは来ていないようである。文庫。


ISBN:9784122037663
金額:
¥1,152 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.