トップ > Books/書籍 > Society 社会・文明 > 文字逍遥

文字逍遥

白川静
平凡社/1359円+税

「遊ぶものは神である。神のみが、遊ぶことができた。遊は絶対の自由と、ゆたかな創造の世界である。それは神の世界に外ならない。この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。神とともにというよりも、神によりてというべきかも知れない――」。白川静の初随筆集『文字逍遥』に収録されたこの『遊字論』は、「あそび」の本質をもっとも鋭く表しているのではないだろうか。膨大な文字と向き合ってきた白川静が、ことのほか愛した字が「遊」と「狂」であったという。神という大いなる宇宙と一体になって遊ぶことができた時、天と地をつないでなされる仕事は、世界を創造する大きな力となるかもしれない。

文庫
判型:文庫判
タテ160mm × ヨコ110mm
443頁
1994年4月1日
ISBN:9784582760460
金額:
¥1,494 (税込)
数量:

臨時休業中のため、発送にお時間をいただいております。
不定期にお店にスタッフが出向いておりますので、気長にお待ちいただけるお客さまは、ご注文をお願いいたします。

品切れ

  • この商品についてのお問い合わせ
  • お気に入りリスト

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥280〜から。詳しくはこちら

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2020 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.