トップ > Books/書籍 > 黄色い本

黄色い本

ジャック・チボーという名の友人
高野文子
講談社/800円+税

たぶんこの本は、読者を「!」という人と「?」という人に二分するだろう。何年に一度しか出さない寡作のマンガ家、高野文子。しかし、彼女はなぜか一部の人の心に強烈な影響を与えているようで、雑誌「ユリイカ」での特集は、発売後注文殺到、即重版だったという。一般に、マンガというのは、絵があることでイメージや意図を容易につかみやすいものだ。しかし、彼女のマンガは一筋縄ではいかない。一見、雑に描かれた線と面と間。(本来、非常に絵の上手な作家なのだが、近年はあえてこのような作風にしているらしい。)視点は意識と共に自由自在に変わる。そこに提示されたある種の感覚をつかめるかどうか…。それが読者を二分する分水嶺。好きな人は、ぞっこんになる。この本にはリアリティのゆらぎが潜んでいる。

単行本
判型:コミック判
タテ210mm × ヨコ146mm
154頁
2002年2月20日
ISBN:9784063344882
金額:
¥880 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.