トップ > Books/書籍 > Spirit スピリチュアル > 憑霊信仰論

憑霊信仰論

妖怪研究への試み
小松和彦
講談社/1150円+税

「憑く」とは、ものにもともと内在する精霊や異界の神霊などが、別の事物としてのものに乗り移ることを本来は意味していた。狐憑き、犬神憑き、山姥、式神、護法、付喪神など、様々な憑依現象を手懸りに、日本人の闇の歴史の中にうごめく妖しい精神領域を明らかにする。文庫版。

文庫
判型:文庫判
タテ146mm × ヨコ106mm
362頁
1994年3月4日
ISBN:9784061591158
金額:
¥1,242 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.