トップ > Books/書籍 > Society 社会・文明 > > 旧暦はくらしの羅針盤

旧暦はくらしの羅針盤

小林弦彦
NHK出版/680円+税

真冬なのになぜ「迎春」というのか?俳句の季語とカレンダーの季節感がずれるのはなぜか?旧暦を知れば、答えは全部書いてある。旧暦は、日本の季節を読むのに最も適したシステムなのである。「景気3割、天気7割」といわれる繊維業界でもまれた著者が、二十年間にわたって研究・実践してきた旧暦の知恵。これで商売繁盛を狙う。


新書
判型:新書判
タテ170mm × ヨコ110mm
224頁
2002年12月10日
ISBN:9784140880548
金額:
¥748 (税込)
数量:

臨時休業中のため、発送にお時間をいただいております。
不定期にお店にスタッフが出向いておりますので、気長にお待ちいただけるお客さまは、ご注文をお願いいたします。

かごに入れる
  • この商品についてのお問い合わせ
  • お気に入りリスト

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥280〜から。詳しくはこちら

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2020 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.