トップ > Books/書籍 > Society 社会・文明 > 世界秩序の崩壊

世界秩序の崩壊

「自分さえよければ社会」への警鐘
ジョージ・ソロス
武田ランダムハウスジャパン/1900円+税

都合の悪い現実から目をそらす「自分さえよければ社会」の行方を、経済的な視野から読み解いているのが、世界的な投資家ソロスによる本書である。激動の歴史の中を生き抜いてきた著者は、独自の観点から、世界を支配する秩序が崩壊する臨界点を予告する。彼が提案するのは、「オープン・ソサエティ」の概念。その中心となるキーワードは、「誤謬不可避性」である。すべての物事は、お互いに関わりあい、たえず変動している。そのため、私たちの誰もが、「常に何かを間違えている」のだ。そのことを認識し、受け入れ、誤りを修正することで社会は進歩するのだと彼は言う。「すべての人間の認識は誤っている」という前提、それは、正しさ・合理性・上昇志向・コントロールなどを前提とする現在の世界秩序と、まったく逆の視点の上に立つことである。

単行本
判型:B6判
タテ190mm × ヨコ136mm
371頁
2006年10月1日
ISBN:9784270001530
金額:
¥2,052 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.