トップ > Books/書籍 > Science 科学 > 科学全般 > 人類最後のタブー



人類最後のタブー

バイオテクノロジーが直面する生命倫理とは
リー・M・シルヴァー
NHK出版/2600円+税

クローン羊の誕生以来、遺伝子工学は「危険な科学」として進歩を止められ論議がくり返されている。クローンや遺伝子組み換えが批判されるのは、どんなタブーに触れるからなのか?著者は、生命倫理論議のあいまいさを打ち破り、人間の生命や魂の本質に迫る。

単行本
判型:B6判
タテ186mm × ヨコ142mm
544頁
2007年3月29日
ISBN:9784140811863
金額:
¥2,860 (税込)
数量:

臨時休業中のため、発送にお時間をいただいております。
不定期にお店にスタッフが出向いておりますので、気長にお待ちいただけるお客さまは、ご注文をお願いいたします。

品切れ

  • この商品についてのお問い合わせ
  • お気に入りリスト

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥280〜から。詳しくはこちら

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2020 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.