トップ > Books/書籍 > Wisdom 叡智・宗教 > キリスト教 > 解き明かされた死海文書

解き明かされた死海文書

ゲザ・ヴェルメシ
青土社/2200円+税

1947年から1956年にかけて、死海周辺の洞穴からヘブライ語、ギリシア語、アラム語で書かれた聖書写本の断片が次々と発見された。この『死海文書』が、紀元後70年に起きたローマ軍によるエルサレム神殿破壊よりも前のものと判明したことで、当時同じ集団のなかでも多様な文書が聖書として扱われていた可能性が例証されるなど、古代ユダヤ教や初期キリスト教の研究は飛躍的に進歩した。本書は、死海文書研究の世界的権威である著者が、60年に及ぶ研究の歩みをまとめた最新の解説書といえる。2009年に文書全体の公刊が完了し、いまや電子書籍で一部を閲覧することも可能になった『死海文書』は、宇宙の大変革が起こるともいわれる2012年を前に、私たちに何を伝えようとしているのだろうか。 

単行本
判型:B6判(128×182)
タテ194mm × ヨコ130mm
314頁
2011年8月1日
ISBN:9784791766147
金額:
¥2,376 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.