トップ > Books/書籍 > Society 社会・文明 > 日本巫女史

日本巫女史

中山太郎
国書刊行会/6500円+税

中国・内モンゴルのシャマニズムは、死と再生の修行を積み、特別な力を有する限られたシャマンが、神と交わり神へ近づくという世界観。多くは酒を用いて憑依するシャマンだ。脱魂型は仕事や政治的体系などがシンプルな社会に、憑依型は複雑な社会に多いと言われている。日本では基本的に、女性によって担われる憑依型のシャマニズムが伝統的にある。なぜ彼女たちは不思議な霊力を保持し、発揮できていたのか。『日本巫女史』は、膨大な文献史料、口碑、伝承を横断し、古代から近代までの、巫女の知られざる姿と歴史を明らかにする。

単行本
判型:A5判(148×210)
タテ214mm × ヨコ156mm
696頁
2012年6月22日
ISBN:9784336054937
金額:
¥7,150 (税込)
数量:

臨時休業中のため、発送にお時間をいただいております。
不定期にお店にスタッフが出向いておりますので、気長にお待ちいただけるお客さまは、ご注文をお願いいたします。

かごに入れる
  • この商品についてのお問い合わせ
  • お気に入りリスト

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥280〜から。詳しくはこちら

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2020 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.