トップ > Books/書籍 > Society 社会・文明 > 民族・文化(日本) > 名僧の書

名僧の書

歴史をつくった50人
石川九楊
淡交社/2500円+税

空海、親鸞、日蓮、一休、天海、良寛ほか、歴史にその名を刻んだ名僧50人の書を取りあげ、筆と紙との交わりから生まれたドラマを鮮やかに読みとく本書。著者は、筆が紙をとらえる深度、筆が進む速度、筆が紙に対する角度から、書を読み、書き手の心に迫る。柔らかさや軽さといった不思議な魅力をもつ良寛の書、どこか魔術的な妖しさが漂う怪僧・天海の書。そして異界への通路や悟りを象徴するといわれる、紙に円を描いただけの「円相」に触れ、禅僧9人の書を比較した章も興味深い。歴史書ではうかがいしれない、僧たちの生きざまが浮き上がってくるようだ。達筆とはこういうものという思い込みは外され、書に宿るエネルギーと美しさに自然と惹きこまれてしまう。時空を超えて匂いたつ、書の世界に遊んでみてはいかがだろう。

単行本
判型:A5判(148×210)
タテ214mm × ヨコ156mm
288頁
2012年9月5日
ISBN:9784473038357
金額:
¥2,750 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.