トップ > Books/書籍 > Life 生活・生き方 > 葬送の仕事師たち

葬送の仕事師たち

井上理津子
新潮社/1400円+税

映画『おくりびと』によって納棺師という仕事は知られたものの、「生」と「死」が交差する葬儀業界は表立って語られることは少なく、いまだベールに包まれている部分も多い。本書は、両親の死をきっかけに、著者が数年をかけて葬送の実際を体当たりでルポルタージュした強烈な一冊。葬儀社社員、納棺師、復元師、エンバーマー、火葬場職員といった死への旅立ちを手伝う仕事師たちは、いったいどんな思いで、どんな仕事をしているのだろう? 葬儀もお金をかけずに簡素化する傾向にある昨今、葬儀のかたちは多様化しているが、旅立つ死者と遺された生者に寄り添う人々のリアルな言葉は、「弔う」「弔われる」ことの原点を示してくれる。闇があるからこそ光があるように、死を問い直すことは、翻って生きることへの考察である。


ISBN:9784103391913
金額:
¥1,540 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.