トップ > Books/書籍 > Society 社会・文明 > 貨幣の「新」世界史

貨幣の「新」世界史

ハンムラビ法典からビットコインまで
カビール・セガール
(株)早川書房/2100円+税

仮想通貨の技術自体は「お金」と同様、善でも悪でもないが、ひとたびそこに人間が関わると、その人の持つ様々な欲や思惑、信条などが絡んでいく。仮想通貨は、まさに現代のゴールドラッシュ。一攫千金を夢見たり、お金で身をもち崩す人間の姿は、今も昔も本質的にはそう変わらない。『貨幣の「新」世界史』は、2008年の金融危機をきっかけに、なぜこんなにも人間がお金に翻弄されるか、疑問を抱いたウォール街の投資銀行家がお金に対する理解を深める旅に出る内容。著者は25ヶ国以上を訪れ、脳科学、行動経済学、人類学、歴史学、宗教学、古銭学の専門家を取材し、お金のあらゆる側面や交換行為について探求する。貨幣の誕生や歴史だけでなく未来にまで目を向ける、読み応えのある一冊だ。

単行本
判型:B6判
タテ190mm × ヨコ133mm
400頁
2016年4月22日
ISBN:9784152096111
金額:
¥2,268 (税込)
数量:

品切れ

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.