トップ > Books/書籍 > Thought 哲学・思想 > 死霊 3

死霊 3

埴谷雄高
(株)講談社/1400円+税

「無」という決して表現できないものを言葉で表す。そんな無謀な試みを生涯賭けて突き進んだ人、埴谷雄高。存在論、革命論、神秘主義、思考実験などのカオス(混沌)とでもいうべきこの前代未聞の小説は、1945年から50年かけて断続的に発表され未完に終わった、文字通りのライフワーク。形而上学的小説と称される通り、一応のストーリーはあるものの、読む者をためらわせる難解な構成と独特の台詞回し。ある意味で、この本は読者に挑戦を強いるのだ。あなたは、「無」という人間にとって絶対不可能な世界を追求する意志があるのかどうか。著者本人が命を賭けて臨んだ戦いは未完に終わった。しかしその孤高の精神を前に、私達は立ち竦まずにはいられない。後に続くのは誰か?

※出版社解説
本書は、『死霊 1』(1981年九月 講談社刊)を底本とし、若干のふりがなを加えました。

文庫
タテ150mm × ヨコ106mm
432頁
2003年4月10日
ISBN:9784061983281
金額:
¥1,512 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.