トップ > Books/書籍 > Society 社会・文明 > 名草戸畔 増補改訂版

名草戸畔 増補改訂版

古代紀国の女王伝説
なかひらまい
(有)スタジオ・エム・オー・ジー/1800円+税

庶民によって人から人へと伝えられる伝承の中には、「正史」から消されてしまった、まったく別の歴史が眠っていることがある。本書は、この民間伝承を手がかりに日本古代史の最大の謎に迫る。名草戸畔(ナグサトベ)とは、二千年前の紀国にいたとされる謎の女王で、『日本書紀』にたった一行だけ「神武に殺された」と記されている。和歌山の地で何千年もの間受け継がれてきた驚くべき伝承を初めて公に明かし、先住民たちの生きた風景を鮮やかに甦らせたのが本書である。古代史には諸説が存在するため解釈は分かれるところだが、前も後ろも見えにくい現代だからこそ、私たちは改めて歴史を見つめなおし、この大地にしっかりと心の根をおろす必要があるのではないだろうか。遠い祖先の魂を現代に、そして未来へとつなげる貴重な書である。

単行本
288頁
2015年11月1日
ISBN:9784905273004
金額:
¥1,944 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.