トップ > Books/書籍 > Body 身体・食 > ハーブ・薬草 > 薬草のちから

薬草のちから

野山に眠る、自然の癒し
新田理恵
晶文社/1500円+税

養生の一歩めは、お茶から。かつて管理栄養士だった著者は、食生活を変えることの難しさを知っているからこそ、在来種を使った伝統茶で簡単に健康を手に入れられる、と説く。薬草を多角的な視点で捉えた本書は、薬草の使い方や効能、注意点などを詳しく紹介するだけに留まらない。中医学からのケアの仕方から、医療の面から見た薬草の歴史 や古今東西の薬草事情、さらには薬草を仕事にするまでの 自身の経験や地域活性についてまで、話は広がる。かつてはもっと身近な存在であり、日常生活の一部となっていた 薬草。現在においてもなお、人間に活用されようがされまいが、庭や道端で私たちにそっと寄り添い続けている薬草たちに親しみが湧くだろう。お湯を注ぐだけのセルフケア、あなたも始めてみませんか?

単行本(ソフトカバー)
判型:B6判(128×182)
256頁
2018年5月20日
ISBN:9784794970251
金額:
¥1,620 (税込)
数量:
かごに入れる

税抜¥10,000以上の購入で送料無料

配送料¥250〜から。詳しくはこちら

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ

Copyright (c) 1989-2018 BOOK CLUB KAI, Kai Creates Inc. All Rights Reserved.