ブッククラブ回 Online Store

  • あるヨギの自叙伝

あるヨギの自叙伝

4,620(税込)

数量

パラマハンサ・ヨガナンダ
森北出版
インドの聖者ヨガナンダ(1900-1970)が偉大なグルたちとの出会いを綴った本書。
神秘家たちの教えを記した本は多いが、彼らがどのような生活を送り、どのような道を通って悟りの境地を開いたのか、という人間レベルの興味を満たしてくれる本は意外と少ない。

本書では、ヨガナンダ自身の師であるユクテスワから受けた教えの様子や、ガンジーやタゴール、ラマナ・マハリシなどの偉大な人物との出会いが描かれている。

また、神秘家とそれをとりまく人たちの関係はどんなものだったのか、ということも興味深いテーマである。
たぶんヨガナンダのエピソードだったと思うが、彼と普通の人であった妻とのおもしろい話を聞いたことがある。あまりに身近な存在であるため、その偉大さを感じられなくなっていた彼の妻は、日々、彼に対して同等の口を利いていた。

ところがある日、彼が空中浮揚をしている姿を目撃してしまう。
その瞬間、彼女は畏怖の念を抱き、自らを戒め、彼を尊ぶようになった。
しかし、3日後にはそんなこともすっかり忘れ、お金がないと彼を元のようにせっついたという話だ。
何かいかにもありそうな話だが、人間の愚かさをよく表している。

1983年9月1日
ISBN:9784627999312