ブッククラブ回 Online Store

  • 【used】チベットの生と死の書

【used】チベットの生と死の書

2,420(税込)

数量

ソギャル・リンポチェ
講談社
日本で密教と言えば、真言宗や天台宗がまずあげられるが、より広い視野で見た場合、最も高度に、そして根強く定着した密教と言えば、やはりチベット密教と言えるだろう。チベット密教は、ニューエイジの流れに乗り、欧米でもある時から非常によく読まれるようになった。その教えの中でも、特に注目されたのが「死者の書」である。「チベット死者の書」は、死を迎えた人間の魂が、体を離れてから、とまどいや恐れで迷ったりすることなく、無事にあの世に到達させるための指南書である。そのような死に対する具体的な方法あるということが、死に対して不安を覚えている現代人の心を惹きつけたのだろう。本書は、そのような状況の中、アメリカで出版されベストセラーとなった、現代版「死者の書」である。著者は、幼少の頃からチベット密教に帰依し、後に欧米でチベット密教の教えを広めるリーダーとなっている。現代人のために死のガイドを行う。チベット密教の教えをわかりやすく解きあかし、死へと旅立つ時の心構えを差し示してくれる。文庫。古書。


●現在の在庫が切れると価格が変更することがございます。
値が上がる場合のみ、こちらからご連絡いたします。

●なるべく状態のよいものを選んでおりますが、
古書のため、傷、シミ、折れなどある場合がありますのでご了承ください。

●お買い上げ頂いた古書の返品、交換は受け付けておりません。
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

単行本(ソフトカバー)
判型:文庫判
タテ188mm × ヨコ132mm
638or630頁
1995年10月18日