ブッククラブ回 online store

  • 津軽三味線ひとり旅

津軽三味線ひとり旅

712(税込)

数量

高橋竹山
中央公論新社/648円+税

「目のみえないものには、見える人よりもみえるものがあるんだ」が口癖の著者。幼いころにかかった麻疹がもとで半ば失明し、悲惨な生活の中、近所のバサマから唄と三味線を習い、時には大道売りをしながら各地を放浪。独立後は独自の芸域を切り開き、津軽三味線を全国に広く知らしめることとなった高橋竹山、80年の人生。文庫版。


文庫
判型:文庫判
タテ150mm × ヨコ106mm
209頁
1991年8月1日
ISBN:9784122018297