ブッククラブ回 Online Store

  • 無心ということ

無心ということ

1,650(税込)

数量

鈴木大拙
大東出版社
対立の世界にいる限り、私たちは自らエッジを作り出すともいえるだろう。自分と汝、善悪、正誤といった2つのものから離れて俯瞰する力が必要とされている。鈴木大拙が仏教の中心的な思想である「無心」と「禅」を紐解く本書から、エッジを越えるための、ある種の感性を受け取れるのではないだろうか。

単行本
判型:B6判
タテ186mm × ヨコ130mm
232頁
2000年9月11日
ISBN:9784500006601