ブッククラブ回 Online Store

  • わたしが死について語るなら

わたしが死について語るなら

1,210(税込)

数量

山折哲雄
ポプラ社
死とは何か、死を受け入れるとはどういうことか。自身が体験した「死」の思い出、宮澤賢治の死生観や古典文学に流れる日本人の無常観、現代の社会問題までを幅広く取り上げ、「死」の問題を考察していく。死を見つめることで、「生」が見えてくる。

単行本
判型:B6判(128×182)
タテ182mm × ヨコ120mm
215頁
2010年3月1日
ISBN:9784591117880