ブッククラブ回 Online Store

  • 高野山 開運宝来 「壽」 ハガキサイズ

高野山 開運宝来 「壽」 ハガキサイズ

440(税込)

数量

法徳堂(高野山大師堂)
吉祥宝来は、弘法大師空海によって伝えられる高野山発祥の「開運切り絵」です。日照時間の短い高野山では稲作ができず藁がとれなかったため、この切り絵を「しめ縄」の代わりに飾るようになったことが始まりだと言われています。無病息災、開運招福をお祈りして飾ってください。

この高野山伝統の切り絵は、ユネスコ無形文化遺産に登録された「細川紙」を使用しています。約1200年前に高野山を開いた弘法大師・空海が留学先の唐で学んだ紙づくりの技法を伝えたとされ、高野山の僧たちのお経や文書などに使われていました。楮(こうぞ)を原料とした伝統的な手漉き和紙で、現在は有志の活動によりわずかながら伝えられている貴重な和紙です。つややかな光沢と強靭さが特徴。

《壽(ことぶき)》
壽の字をデザイン化したもので中心の縦線が太くなっているのは大判を表している。飾る場所に決まりはなく、玄関や床の間に飾られることが多い。

工房:美術表装 大西寵志堂


タテ140mm × ヨコ100mm原産国名:工房:美術表装 大西寵志堂 和歌山県伊都郡高野町高野山504-4

関連商品