ブッククラブ回 Online Store

  • アダム・スミスの夕食を作ったのは誰か?

アダム・スミスの夕食を作ったのは誰か?

2,310(税込)

数量

これからの経済と女性の話
カトリーン・マルサル
(株)河出書房新社
経済学の父アダム・スミスは、合理的な経済、自己利益の追及が市場と社会を動かすと説いた。そして彼は自分の食事をどうやって手に入れたのだろうか?もちろん金を支払い、食料を買う。そしてそれを調理したのは…誰か?このように見逃されてきた労働に目を向け、フェミニズムは常に経済の話をしてきたという視点をベースに、女性と経済、そして市場についてが縦横無尽に語られる。

単行本(ソフトカバー)
判型:四六判
288頁
2021年11月17日
ISBN:9784309300160