ブッククラブ回 Online Store

  • 料理の四面体

料理の四面体

712(税込)

数量

玉村豊男
中央公論新社
著者曰く「イッパツで料理の一般原理を発見し、それを知ったらあとは糸を紡ぐように引けば引くだけ次から次へと料理のレパートリーが無限に出てくる……というような方法がないものだろうか。」。そこから生まれた、マグロの刺身もサラダに見えてくる「四面体」という大胆な理論。独自の理論を押し通すことで料理の思い込みから解放される、そんな逆転現象が心地よい。

文庫
259頁
2010年2月25日
ISBN:9784122052833