ブッククラブ回 Online Store

  • 柿渋染め精麻 かきしぶぞめせいま 
現在品切中

柿渋染め精麻 かきしぶぞめせいま 

770(税込)

数量

現在品切中
野州麻紙工房
野州麻を柿渋染めで染めあげた灰色がかった黄赤色の精麻。
染めと乾燥を何度も繰り返し、丁寧に作られた美しい色合いです。
お飾りやストラップ作り、特別な方へのラッピングなどにお使いください。

― 柿渋染め ―
柿渋染めは平安時代の優れた先人たちから受け継がれた伝統ある染色技術です。古くは漢方薬として使用されていたという柿渋には高い殺菌・消臭効果があるといいます。

― 野州麻 ―
栃木県の足尾山麓南側一帯でつくられる大麻(おおあさ・たいま)を野州麻といいます。八代にわたって麻を栽培する麻農家の大森芳紀氏が設立した野州麻紙工房では、野州麻紙工房では、「とちぎしろ」という野州麻を栽培しており、大麻を種から栽培し、収穫、湯掛け、麻引き、精麻干し、加工までを一貫して手掛けています。野州麻と呼ばれる銘柄の精麻は、光沢があり、薄くて強靭なため、古くから優れた品質で知られています。


関連商品