ブッククラブ回 Online Store

  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

649(税込)

数量

岩崎夏海
新潮社
敏腕マネージャーと野球部員が甲子園を目指すベストセラー青春小説。ドラッカーの書籍もビジネスマンの必読書として有名だが、哲学の意味を自分の都合よく取り違えている読者が多いそうだ。本書を読めば、とてもわかりやすくドラッカーの哲学が理解でき、そのエッセンスや視点は家庭や職場など、あらゆる場面に役立つはず。チームや組織の中で、一人ひとりがそれぞれ広い視野で物事をみる存在になることは、良好なチームワークを築いてゆくことを意味する。

《目次》
プロローグ
第一章 みなみは『マネジメント』と出会った
第二章 みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ
第三章 みなみはマーケティングに取り組んだ
第四章 みなみは専門家の通訳になろうとした
第五章 みなみは人の強みを生かそうとした
第六章 みなみはイノベーションに取り組んだ
第七章 みなみは人事の問題に取り組んだ
第八章 みなみは真摯さとは何かを考えた
エピローグ

文庫
310頁
2015年12月1日
ISBN:9784101202211