ブッククラブ回 Online Store

  • 薬師丸郁夫 画集
  • 薬師丸郁夫 画集
  • 薬師丸郁夫 画集
  • 薬師丸郁夫 画集

薬師丸郁夫 画集

12,100(税込)

数量

薬師丸郁夫
薬師丸郁夫美術館
ヴィジョナリー・アートの巨匠、薬師丸郁夫氏の画集。細部まで緻密に描き込まれた作品は、CGやコラージュ作品に見えるがすべて手描きである。氏の内的世界から発せられる強烈なエネルギーにふれるたび、心洗われ、多層的なリアリティをつらぬく普遍的な領域へと意識は拡大する。1977~2021年までの作品68点を収録する永久保存版。
※ポストカードの販売開始しました


「絵画、それは個々の作者から放たれた、様々な色、様々な形、様々な感触という媒体の、作者の生活すべてをのせた電波のようなものです。そして、その絵画の個々の観覧者は、それぞれのその時の生活状態の中で、それぞれのアンテナで、それぞれの周波数で、それぞれに、作者の放たれた電波をキャッチするのです。
しかし、あくまで絵を描く者としての私の望みは、人間として誰でもがもっていると思われる共通の周波数(多様で移り変わる現実意識の奥にある不変の意識)を見つけだし、誰もが時代を越えて同じようにキャッチし、そして人間の生きるということに対して、何かしらの役に立つような電波を放つことなのです。そしてそのために、その電波を形づくる、様々な色、様々な形、様々な感触と人間の感性とのかかわりについて、絵を描くという行為を通して、もっと探求し、理解し、そして私自身の生活もみつめていきたいと思っているのです。」
  『薬師丸 郁夫 画集』 より


◇ 薬師丸 郁夫 Ikuo Yakushimaru  プロフィール
画家。1953年、福島県生まれ。中学時代にサイケデリックアートにふれ、60年代、70年代のビートニック、ヒッピームーブメントに強く影響を受け、独学で“絵画”を追求、研究し、アカデミズムに背を向け、カウンターカルチャーの世界で創作活動を展開。作品は、一見すると CG やコラージュ作品に見えるが、すべて手描きである。「サイケデリックドラゴン」を奈良県に天河神社に奉納し、rabirabi の CDジャケット等を手掛けている。現在、宮城県石巻市の離島、網地島に住み、日々絵画制作に励んでいる。原画を見たい方は、 薬師丸郁夫美術館へ。

◇薬師丸郁夫美術館
宮城県石巻市長渡浜姥婆 68 (石巻市網地)



大型本
判型:A4判(210×297)
141頁
2021年4月1日

関連商品