ブッククラブ回 Online Store

  • 皮膚はいつもあなたを守ってる
現在品切中

皮膚はいつもあなたを守ってる

990(税込)

数量

現在品切中
山口創
草思社
不安やストレスを感じたとき、自分の顔を触ったり、手を握りしめたり、無意識にセルフタッチをしていることはありませんか? いくつかの研究によれば、人間は疲労が高まったり、ストレスを感じたときに自分の髪の毛や、顔、腕に触れるセルフタッチが増えることが明らかになっています。これは人間だけではありません。セルフタッチはチンパンジーなどの類人猿でもしています。とくに不安や恐怖などのストレス場面で増えることが観察されています。
 ではなぜ自分に触れると不安やストレスが和らぐのでしょうか。こういうメカニズムが考えられています。つまり、皮膚に手による優しい刺激を与えると、外を向いていた意識が、触れられた皮膚の感覚に移動します。それによって「自分はここにいたんだ」という事実を意識し、自分の存在感を確たるものにすることにつながるというのです。結果的に心の礎が安定し、不安な気持ちやストレスが軽減されるように感じるというわけです。
試しに本書で紹介している「セルフタッチ」をやってみましょう。顔を両手で覆ってみる、おなかを優しくさすってみる、自分を抱きしめるようなハグをする。どうでしょうか? しばらくセルフタッチを続けていくと気持ちの変化が感じられると思います。本書では、特にオキシトシン(人間の幸福に関わるホルモン)の分泌を増やすために、セルフタッチの他にも、五感を刺激したり、自分の心や身体をいたわる具体的な方法など、幅広い「セルフケア」を紹介していきます。
 読みながら、自分の身体に触れたり、マッサージすることで、癒やし効果がダイレクトに得られる一冊となっています。 ―出版社紹介より

文庫
221頁
2024年2月8日
ISBN:9784794227058